/

この記事は会員限定です

NY特急便 指標低迷が映す米株相場の原点回帰

NQNニューヨーク・増永裕樹

[有料会員限定]

米株式相場が久々に「原点」へ回帰した。15日のダウ工業株30種平均は3日ぶりの反落も、週末の終値は3週間ぶりに昨年末の水準を上回った。週半ばの「貯金」を演出したのは、米国の緩和的な金融政策が長期間続くとの期待だ。浮き彫りになった米景気の足腰の弱さが、皮肉なことに相場が息を吹き返す原動力になった。

「全ての目は米連邦準備理事会(FRB)に向いている」。ある大手証券の売買担当者は、金融当局の次の一手こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン