/

「ポケモンGO」に便乗? ヒラリー陣営、ストップで集会

【シリコンバレー=小川義也】スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」のブームに便乗する動きが米大統領選にも広がってきた。民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前米国務長官の陣営は14日、ゲームの中でポケモンを捕まえるために使うアイテムが入手できる「ポケストップ」に指定されているオハイオ州の公園で16日に公式集会を開く計画を明らかにした。

集会を開くのはオハイオ州レイクウッドにあるマジソンパーク。同公園はポケストップのほか、捕獲したモンスター同士を戦わせることができる「ジム」にも指定されている。

ヒラリー陣営は集会にあわせ、ポケストップにモンスターを一定時間おびき寄せられるアイテムを使用する計画だ。陣営のサイトでは「無料でポケモンを捕まえ、戦わせよう。選挙人登録を行い、ヒラリー・クリントンについてもっとよく知ろう。子どもたち歓迎」として、家族連れの参加を呼びかけている。

クリントン氏は民主党の候補指名を確実にしたものの、若い世代の支持拡大に苦戦している。党大会が月末に迫るなか、米国の若者を夢中にさせているポケモンGOの人気にあやかろうという作戦のようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン