/

フェイスブックがTV向け動画アプリ 広告費巡る競争激しく

【シリコンバレー=小川義也】米フェイスブックは14日、ニュースフィードに流れる動画コンテンツをテレビ画面で楽しめる専用アプリを開発したと発表した。米アップルの「アップルTV」や韓国サムスン電子のインターネット対応テレビなどで利用できる。フェイスブックの「テレビ化」が進むことで、テレビ広告費を巡る競争が一段と激しくなりそうだ。

専用アプリは近く提供を始める。視聴できるのは友達やフォローする有名人などがシェアした動画や話題のライブ動画、利用者一人ひとりの好みに応じたお勧め動画など。まずはアップルTVとサムスンの「スマートTV」、米アマゾン・ドット・コムの「ファイアTV」に対応。それ以外のプラットフォームについても順次対応していく。

世界で19億人近くが利用するフェイスブックは近年、「ビデオファースト(動画第一)」を掲げ、コンテンツへの投資や機能の拡充に力を入れている。14日にはスマートフォン(スマホ)でニュースフィードの動画を視聴する場合、原則として音声付きで再生するなどの機能変更を加えたことも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン