/

アップルCEOらITトップ、トランプ氏と会談

(更新)

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)やグーグルの親会社アルファベットのラリー・ペイジCEOなどシリコンバレー企業のトップらは14日、ニューヨークでドナルド・トランプ次期米大統領と会談した。トランプ氏は友好的な態度で「あなた方を支援したい」とコメントした。トランプ氏は会談の模様を報じたUSAトゥデーの記事を、自らのフェイスブックで紹介した。

会談に参加したのはアマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO、フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)、マイクロソフトのサティア・ナデラCEO、テスラモーターズのイーロン・マスクCEO、インテルのブライアン・クルザニッチCEO、IBMのジニ・ロメッティCEO、シスコシステムズのチャック・ロビンスCEOら。

トランプ氏の長女イバンカ・トランプ氏やその夫ジャレッド・クシュナー氏ら親族のほか、マイク・ペンス次期副大統領も同席した。

民主党支持者が多く、トランプ氏に批判的だったシリコンバレーの大企業と次期政権の仲介役として、著名投資家ピーター・ティール氏が会談の実現に重要な役割を果たした。ティール氏はシリコンバレーの大物としては選挙期間中に唯一トランプ氏への支持を表明していた。

今回の会合の参加者のひとりで、ティール氏の友人であるマスク氏はトランプ氏に経済人が助言する組織「大統領戦略・政策フォーラム」に新たに参加することが決まっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン