/

米マイクロソフト、新型AI「ゾー」発表 人間と会話

【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフトは13日、対話アプリなどで人間と会話する「チャットボット」と呼ばれる人工知能(AI)「Zo(ゾー)」を発表した。3月に差別的な発言を連発して運用開始後すぐに停止に追い込まれた「Tay(テイ)」の後継で、日本で人気の高いマイクロソフトの女子高生AI「りんな」の"親戚"にあたる。

ゾーは米国の若者の間で人気の高い「Kik(キック)」と呼ばれる対話アプリで先行公開された。公開後1週間で11万5000人が利用するようになったという。

テイはツイッターで公開された直後から、複数の悪意のある人間に教え込まれた差別的な発言を学習。自分でも同様の発言を繰り返すようになったため、マイクロソフトは運用を取りやめた。

マイクロソフトのAI研究グループを率いるハリー・シャム上級副社長は13日のイベントで、ゾーについて「たとえ(悪意のある)ユーザーが不快感を与える方法で(ゾーに)接したとしても感化されないように、細心の注意を払って開発した」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン