市場悩ます原油安の影響
米州総局・伴百江

2015/1/14 9:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油相場の下落が続いている。13日のニューヨーク市場では、指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート、期近物)が一時1バレル45ドルを下回った。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測などを背景にいったんは急伸した米株式相場も、石油株への売りが重荷となり下げて終えた。

今のところ下げ止まる兆しのない原油相場が米経済に与える影響次第では、米株式相場の方向性も変わってくる。米主要企業の四…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]