製薬のアラガン、美容整形機器のゼルティック買収

2017/2/14 5:04
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】登記上の本社をアイルランドに置く米製薬大手のアラガンは13日、美容整形の医療技術に強みを持つ米ゼルティック・エステティクスを総額24億7500万ドル(約2800億円)で買収すると発表した。ゼルティックは脂肪を凍らせ分解する痩身技術など、美容整形分野の技術開発に強い。アラガンはしわ取り薬「ボトックス」とあわせ美容事業を強化する。

アラガンはゼルティックの株式を1株あたり56.50ドルで買い取り、2017年後半に手続きを完了する見通しだ。美容整形の痩身機器「クール・スカルピング」を主力とするゼルティックの買収を通じて、美容分野での成長を目指す。

アラガンは昨年12月に米医療品会社アセリティ(テキサス州)から傘下で整形外科医療用品事業を手がけるライフセルを買収すると発表したばかり。美容整形や再生医療分野で買収を通じた事業拡大を急いでいる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]