/

この記事は会員限定です

再び輝くか新型iPhone、市場は半信半疑

米州総局 山下晃

[有料会員限定]

大型ハリケーンが通過し、対北朝鮮の追加制裁決議というヤマ場を消化した米国市場。12日のダウ工業株30種平均は3日続伸し、過去最高値を更新した。もっとも、新型スマートフォンの発表で注目された時価総額世界1位のアップルは失望売りに押された。

米国東部時間午後1時に始まった新商品発表会は新型iPhone(アイフォーン)が目玉だった。発表会が始まると、前日比で小安く推移していたアップル株はするすると上昇し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン