/

後発薬の独シュターダ、米アドベントからも買収提案

【フランクフルト=加藤貴行】独後発医薬品大手のシュターダ・アルツナイミッテルは13日、米投資会社アドベント・インターナショナルからも買収提案を受けたことを明らかにした。先にシュターダが買収提案があったと名前を公表していた英投資会社シンベンと同じく、アドベントもシュターダの全株取得を目指しているという。

アドベントの買収提案の詳細は非公表。シンベンは総額35億ユーロ(約4230億円)での買収を提案している。シュターダは同日、「取締役会が双方と開かれた協議を始めることを全会一致で決めた」との声明を出した。交渉の期限などは明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン