/

独ドルトムントで爆発、香川選手の同僚がけが

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツ西部のドルトムントで11日、香川真司選手が所属するサッカー独1部リーグ、ドルトムントの選手団を乗せたバスの近くで3回の爆発があった。爆発の原因はわかっていない。チームは欧州チャンピオンズリーグの準々決勝会場に向かう途中だった。この爆発でスペイン人選手がけがをして病院に運ばれた。

地元警察によると午後7時15分ごろ、フランスのモナコとの試合に向かう途中に爆発が起き、バスの窓が破れタイヤも被害を受けた。

けがをしたのはスペイン出身のマルク・バルトラ選手。チームのツイッターによると他の選手は無事という。この爆発をうけ、試合は12日に延期された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン