/

トムソン・ロイター、知財・科学事業を投資会社に売却

【ニューヨーク=平野麻理子】米調査会社のトムソン・ロイターは11日、知的財産と科学情報事業を売却すると発表した。売却先は投資会社のオネックスとベアリング・プライベート・エクイティ・アジアで、2社は合計35億5000万ドル(約3600億円)を現金でロイターに支払う。

売却するのは、知財や科学に関する情報を政府や大学、企業に提供する事業。情報は新規事業の開発などに活用されているという。ロイターは売却益を自社株買いや債務の返済、他事業への投資などにあてる方針だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン