ウォール街に「恐れを知らぬ少女」像 働く女性地位向上の象徴に

2017/3/11 10:00
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=伴百江】ニューヨークのウォール街に「恐れを知らぬ少女」像が出現した。株式のブル(強気)相場の象徴として有名な牛の銅像「チャージングブル」の前で、両腕を腰にあてて立ち向かう少女の銅像だ。働く女性の地位向上の象徴にしようと、今月8日の国際女性デーにちなみ米大手資産運用会社ステート・ストリート・グローバルアドバイザーズ(SSGA)が設置した。

ウォール街に立つ「恐れを知らぬ少女」像。奥は牛の銅像「チャージングブル」(8日、ニューヨーク)=AP

 いまだに男性が経営トップの大半を占める米大手企業の上場先であるウォール街。その象徴であるブル像と少女像の対比が強烈で、地元のビジネスパーソンや観光客などの注目を浴びている。当初、少女像の設置は12日までの予定だったが、ニューヨークのデブラシオ市長が4月2日までの延長を決めた。設置の恒久化を求める署名運動も広がっている。

 SSGAはこのほど、欧米の証券市場に上場する大手企業3500社に対し、議決権行使を通じて女性取締役の数を増やすよう促す方針を発表した。同社は1年前、経営トップに女性を起用している会社に投資する上場投資信託(ETF)を設定している。少女の銅像はそのETF設定1年を記念したものでもある。

 米国の主要な株式指数であるS&P500種株価指数に採用された企業のうち、女性が最高経営責任者(CEO)になっているのはわずか4%、取締役の割合は19.2%だ。500社で働く女性の割合である45%と比較すると、経営に携わる女性の比率がまだまだ低いのが実情だ。

 SSGAによると、フランスやスペイン、イタリアなど取締役会のメンバーに女性を3割から4割程度の比率で起用することを義務づけている国もあるが、米国にはそうした規定はない。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

SSGAウォール街ニューヨークチャージングブルETF

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報