/

この記事は会員限定です

アップルは「IBM化」を避けられるか

米州総局 稲井創一

[有料会員限定]

10日の米ダウ工業株30種平均は続落した。相場の方向感に影響を与える「モメンタム銘柄」としてこのところの株高を誘ってきた米アップルが4営業日ぶりに反落。市場にも一服感が漂い、終日、積極的に買い上げるムードに欠けた。

8日に時価総額が史上初の8000億ドル(約91兆円)台に達したアップル。

「アップルは世界で前例のない株だ」。米投資銀行ドレクセル・ハミルトンのブライアン・ホワイト氏は8日、アップルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン