工場のメキシコ移転阻止、それでも将来に悲観
トランプ政策の現場を歩く インディアナ州

2017/6/16 5:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シカゴ=野毛洋子】トランプ米大統領が昨年の選挙戦を勝ち抜いた理由のひとつは「製造業の雇用を取り戻す」という公約だ。過去数十年、工場閉鎖の波をかぶった中西部労働者の心をつかんだ。雇用問題の象徴としてやり玉に挙げたのが、インディアナ州にある工場のメキシコ移転を決めた米空調大手キヤリア。トランプ氏は当選とともに移転を中止させ、救世主を演じた。それから半年あまり。現地の労働者に会い実情を探った。

州都…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]