2019年2月19日(火)

米アバクロ、売却交渉 条件で折り合えず撤回

2017/7/11 4:45
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】若者向け衣料大手の米アバクロンビー・アンド・フィッチは10日、身売り交渉を白紙撤回すると発表した。今後は自主再建の道を探る。

アバクロは顧客流出が止まらない=ロイター

アバクロは顧客流出が止まらない=ロイター

アバクロは「取引の可能性を打ち切った」との声明を出した。「金融アドバイザーと十分な検討を重ね、取締役会は企業価値を最大限に高めるのはビジネス戦略の厳密な遂行だと結論づけた」として、独立企業としての事業継続を表明した。

米メディアによると、5~6月、競合のエクスプレス、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズと投資ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントの企業連合、シカモア・パートナーズなど複数の相手と交渉したが、いずれも金額などの条件面で折り合えなかったようだ。当初は6月中にも交渉がまとまるとみられていた。

アバクロは一時のブームが去り、顧客が流出している。店舗閉鎖や商品価格の引き下げに取り組んでいるが、業績改善のめどが立っていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報