/

米テスラ、時価総額で一時GM抜く

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米テスラの時価総額が10日、一時米ゼネラル・モーターズ(GM)を超え、米自動車企業で首位に立った。テスラは足元の出荷が順調で、電気自動車(EV)新モデルへの期待の高さから株価が上がっている。

一方、GMは足元の販売こそ悪くないが、在庫が積み上がり低金利ローンを使った拡販に陰りがみられる。テスラの販売規模はGMの100分の1以下だが、成長期待では圧倒的に上回っており、時価総額ではGMを射程にとらえた。

テスラの時価総額は4月に入り過去最高額の更新を続け、米自動車2位のフォード・モーターを上回っていた。テスラは出荷、生産とも過去最高ペースを更新している。3月に新モデル量産へ計3千億円以上を調達し、準備を着実に進めている。中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)からも出資を受け、環境規制の強化でEV市場の急拡大が予想される中国での工場建設に向けた地ならしも進めている。

テスラ株は10日、一時前週末比3.7%高い313ドルとなり時価総額は511億ドル(約5兆6700億円)を超えた。終値ベースでは約509億ドル。GMの時価総額は約511億ドルで取引を終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン