米ディズニー、動画配信に本格参入 まずスポーツと映画

2017/8/9 9:02
共有
保存
印刷
その他

 【シリコンバレー=小川義也】米ウォルト・ディズニーは8日、動画配信事業に本格参入すると発表した。配信技術に定評がある米BAMテックを子会社化。2018年以降、スポーツと映画の有料配信サービスを順次立ち上げる。スマートフォン(スマホ)で動画を楽しむ消費者が増えるなか、CATVなど有料テレビを通じたコンテンツ配信を重視してきた戦略を転換する。

 米大リーグ(MLB)傘下のBAMテックの株式42%を15億8000万ドル(約1700億円)で追加取得する。ディズニーは1年前に10億ドルを投じてBAMテック株の33%を取得した際、出資比率を過半数に引き上げる権利を得ていた。

 傘下のスポーツ専門放送局「ESPN」ブランドで提供する新サービスは18年初めに始める。野球やアイスホッケーなどの生中継が楽しめるが、アメフトとバスケットボールのプロの試合は中継しない。ディズニー本体と傘下のピクサー・アニメーション・スタジオの映画やテレビ番組を配信するもう1つの有料サービスは19年に始める。料金はどちらも未定。まずは米国で始めるが、海外でも同様の動画配信サービスを順次展開する。

 自前のサービスに注力するため、米動画配信大手ネットフリックスにディズニー作品を供給する契約を打ち切ることも明らかにした。19年以降に公開するディズニー本体とピクサーの新作映画が対象で、傘下のマーベル・エンターテインメントとルーカスフィルムの作品の扱いについては未定としている。

 ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は「メディア業界ではクリエーターと消費者が直接つながる傾向が強まっている。BAMテックを傘下に収め、その革新的な技術を手に入れることにより、消費者と直接つながり、市場の変化に素早く対応できるようになる」と述べた。

 ディズニーが8日発表した17年4~6月期決算は、売上高が前年同期比横ばいの142億3800万ドル、純利益が9%減の23億6600万ドルだった。上海やパリなど海外が好調なテーマパーク部門は2桁の増収増益だったが、ESPNの不振で主力のCATV向け番組事業が2桁の減益となったことなどが響いた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 22:00
20日 7:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 20日 22:00
20日 22:00
東京 20日 22:00
20日 21:50
信越 20日 22:00
20日 22:00
東海 20日 23:00
20日 22:00
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 0:17
0:16
中国 20日 2:00
20日 2:00
四国 20日 2:00
20日 1:30
九州
沖縄
20日 21:34
20日 21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報