/

クリントン氏、ニューヨーク郊外で投票

(更新)
投票を終えたクリントン候補(8日、米ニューヨーク)

【ニューヨーク=中西豊紀】米大統領選挙の民主党候補であるヒラリー・クリントン氏が8日午前、ニューヨーク郊外チャパクアにある自宅近くの投票所に姿を現し、投票を行った。

米東部時間午前8時ちょうどに黒色の大型バンから降り立ったクリントン候補は夫のビル・クリントン氏を連れ、集まった100人近い支持者の歓声に包まれながら、投票所が設置されている会場に入った。会場では支持者とみられる住民などと握手するなどして、終始和やかな表情だった。投票を済ませ会場から出たクリントン候補は支持者が集う場所に歩み寄り、写真撮影や談笑などに時間を費やした。

クリントン氏は報道陣に対し「今はとても謙虚な気持ちだ。責任の重さを感じる。幸運にも勝利できれば、と思う」と語った。

共和党候補のドナルド・トランプ氏はニューヨーク中心地のマンハッタンで投票を行う予定。異例の中傷合戦となった選挙戦は、民主党候補クリントン前米国務長官と共和党候補の不動産王トランプ氏の支持率が接近したまま投票日を迎えた。

選挙結果の大勢が判明するのは、日本時間の9日午後となる見通しだ。両候補とも8日はニューヨーク市内で支持者らを集め集会を開く。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン