/

この記事は会員限定です

ウォルマートの牙城に挑むアマゾンの決断

米州総局 平野麻理子

[有料会員限定]

7日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発した。トランプ大統領陣営のロシアとの不適切な関係に絡み、翌8日に控えたコミー米連邦捜査局(FBI)前長官の議会証言の草稿が公開された。内容が過去の報道の範囲内だったことから安心感が広がった。

アマゾン・ドット・コムは6日、ウォルマートの牙城に挑むと宣戦布告した。低所得者を対象に有料サービス「プライム」の会費を約半額に引き下げると発表したの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン