2018年12月20日(木)

ラルフローレン、400億円超のリストラ発表 今期50店閉鎖

2016/6/8 6:08
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米デザイナー衣料品のラルフローレンは7日、ニューヨークで投資家向け説明会を開き、総額4億ドル(約428億円)のリストラ計画を発表した。積み上がった在庫品の処分や今期中の50店舗超閉鎖、正社員8%の削減などを実施する。リストラに伴い、2017年3月期通期の売上高は1桁代半ばの減少になるとの見込みを示した。

在庫処分の費用は最大で1億5000万ドルを見込む。人員削減の規模は一部管理職を含む約1000人の見通しだ。閉鎖対象店舗の詳細は明らかにしていない。一連のリストラで年間1億8000万~2億2000万ドルのコスト削減を見込む。

販路として最も重要な百貨店への卸売事業は取扱商品を見直し、「消費者の認知度が高い中核商品に集約し、周辺商品を絞り込む」と述べた。

商品導入の時間も短縮する。15カ月かかっていたデザインから売り場に並ぶまでのリードタイムを、今後は9カ月ほどに短縮するという。

ファストファッション大手のH&M(スウェーデン)、米ギャップ傘下のオールドネイビーで幹部を歴任し、昨年11月にラルフローレンの最高経営責任者(CEO)に就いたステファン・ラーセン氏は「現在はビジネスがブランド力に負けた格好になっている。会社の規模を見直す」と話した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは早いほどお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報