/

ソフトバンク孫氏、米に5兆円投資 トランプ氏と会談

【ニューヨーク=高橋里奈】ソフトバンクグループの孫正義社長は6日午後、トランプ次期米大統領とニューヨークのトランプタワーで会談した。500億ドル(約5兆7000億円)を米国のスタートアップ企業などに投資し、5万人の雇用を生みだすとトランプ氏に約束した。

トランプ氏は約45分間の会談後、孫氏とともにトランプタワーのロビーに現れ、孫氏を「業界で最もすばらしい男の1人」とたたえた。孫氏は記者団に対し、「我々はもう一度、米国に積極的に投資をすると話した」と語り「会談は大成功だった」と述べた。

会談は孫氏の共通の友人を介して実現した。両氏が顔を合わせるのは初めて。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン