2019年1月22日(火)

米シアーズ、150店舗閉鎖 主力工具ブランド売却

2017/1/6 7:17
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米小売大手シアーズ・ホールディングスは5日、150店におよぶ大規模な店舗閉鎖と同社独自の主力工具ブランド「クラフツマン」の総額約9億ドル(約1035億円)での売却を発表した。同社は業績低迷が長期化しており、リストラで事業の立て直しを図る。

閉鎖するのは傘下ディスカウントストアのKマート108店とシアーズ42店で、今後数カ月で閉店する。いずれも不採算に陥っていた。閉店に伴う人員削減数は不明。

クラフツマンはシアーズ独自のDIY向け工具ブランドとして売れ筋だったが、白物家電のケンモア、自動車バッテリーのダイハードなど各ブランドとともにシアーズは資金調達目的で売却する意図を見せていた。

クラフツマンはスタンリー・ブラック・アンド・デッカーに売却する。スタンリーは工業用・家庭用の電動工具製造業で、今後はシアーズ店以外で売却する同ブランドの製造・開発から販売まで手掛ける。ただ、売却後もシアーズは同ブランドの販売を傘下チェーンやオンラインで継続する。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報