/

米リッチモンド連銀総裁「予防的な利上げが重要」

【ワシントン=長沼亜紀】米リッチモンド連銀のラッカー総裁は4日、ウエストバージニア州で講演し「インフレとインフレ予想の安定には、予防的な利上げが重要だ」と述べ、米連邦準備理事会(FRB)による早期利上げが必要との見方を示した。

ラッカー総裁は「現段階ではインフレ圧力は遠い先の懸念に思えるが、後で急激な行動(利上げ)が必要となる事態を防ぐには予防的な対応が役立つ」と述べた。現在の雇用・物価情勢を踏まえれば、政策金利は1.5%以上であるべきだとも述べた。

講演後の記者団の質問に対して、利上げペースは「緩やかであるべきだが、緩やかすぎるのは好ましくない」とし、米連邦公開市場委員会(FOMC)の予測中央値である来年2回の利上げは「ひどく緩やかだ」と発言した。欧米メディアが伝えた。

ラッカー総裁は利上げに積極的なタカ派として知られる。今年のFOMCで投票権を持たない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン