米百貨店メーシーズ買収、カナダ同業が乗り出す 米紙報道

2017/2/4 5:16
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米百貨店最大手メーシーズの買収に、カナダの同業最大手ハドソンズ・ベイが乗り出した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が関係者の話として報じた。両社の交渉はまだ初期段階で、成否は不透明だという。

ハドソンズ・ベイは米高級百貨店のサックス・フィフス・アベニューやロード・アンド・テイラーも傘下に展開する老舗百貨店。近年は買収をテコとした成長戦略をとっている。

一方のメーシーズはネット通販の普及などにより実店舗への来客数が減少し、業績低迷に歯止めがかからなくなっている。2016年の年末商戦も売り上げが事前見込みに届かず、大規模な人員削減を1月に発表したばかり。不満を持つ株主が、5月の株主総会を前に経営権の掌握へ委任状争奪戦を辞さない構えを見せているという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]