/

この記事は会員限定です

アクティブ運用投資家の暗い未来

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

2日の米株式市場は翌日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控えて模様眺めムードが漂い、ダウ工業株30種平均は小幅上昇にとどまった。市場関係者の間ではFOMC後に発表される声明文で米連邦準備理事会(FRB)の資産縮小と追加利上げの時期について何らかの示唆があるかに注目が集まっている。もっとも、金融市場では大きな変化が起きており、どんな結果が出ても相場が大崩れすることはなさそうだ。

「グローバル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン