ソーダストリームの4~6月期、純利益8倍

2016/8/3 7:18
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】家庭で炭酸水を作ることができるソーダメーカーの製造大手、イスラエルのソーダストリーム・インターナショナルが2日、4~6月期決算を発表した。純利益が前年同期の約8倍の781万ドル、売上高は前年同期比19%増の1億1916万ドルだった。世界的な健康志向の高まりで「加糖飲料離れ」がすすむ機運が追い風となったほか、前年同期にリストラ費用を計上した反動で利益が急増した。

売上高を地域別にみると、西欧、米州、アジア太平洋、中東欧・中東・アフリカの4市場そろって拡大した。主力の西欧で14%増えたほか、アジア太平洋や中東欧・中東・アフリカで大きく伸びた。

同社の製品は炭酸水を製造する機器本体に飲料水を入れた専用ボトルを設置し、ボタンを押すと炭酸ガスの入ったカートリッジからノズルを通じてガスが飲料水に入り、数秒間で炭酸水になるという仕組み。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]