米の入国制限、相次ぐ反旗 共和党からも批判

2017/2/1 1:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=平野麻理子】トランプ米大統領が難民やイスラム圏の市民の入国を制限した大統領令に対する抗議は、野党や産業界だけでなく、与党共和党や行政部門にも広がった。トランプ氏は大統領令の不支持に動いた司法長官代行を即刻解任し、強硬な姿勢を改めて示した。一方で州政府が大統領令を「違憲」と提訴するなど、混乱は長期化の様相を強めている。

大統領令はイランなど7カ国の市民の入国を90日間認めないといった…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]