北朝鮮、副首相を処刑 韓国政府が把握

2016/8/31 12:01
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=峯岸博】韓国統一省報道官は31日の記者会見で、北朝鮮で金勇進(キム・ヨンジン)副首相(教育担当)が処刑されたことを把握していると明らかにした。同省関係者によると、6月に平壌で開かれた最高人民会議での姿勢がふさわしくなかったとして「反党・反革命分子」とみなされ7月に銃殺されたという。

同省報道官はまた、朝鮮労働党の金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長が農場で強制労働をさせられるなどの「革命化措置」処分を受け、党宣伝扇動部第1副部長も同措置の最中だとも語った。

金英哲氏については「高圧的な態度をとり統一戦線部の権限拡大に動くなど権力を乱用したとして、7月中旬から8月中旬まで地方の農場に追放され、現在は復帰している」とした。

金正恩(キム・ジョンウン)委員長は党や朝鮮人民軍の幹部を処刑、粛清してきた。最近、エリート層まで含めた北朝鮮住民の亡命・脱北情報が相次いで明らかになるなかで、体制内部を引き締める狙いがあるとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]