「需要がある米国で生産」 ホンダ、GMと合弁

2017/1/31 17:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【デトロイト=中西豊紀】ホンダが燃料電池車(FCV)の基幹部品を米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同生産する。ホンダで北米事業を統括する神子柴寿昭専務執行役員は30日の記者会見で、米国を生産拠点に選んだ理由として「世界最大のFCV市場だから」と述べた。競合のトヨタが国内生産にこだわるなか、ホンダは協業を生かしコスト削減を目指す。

自動車メーカーに対しては、トランプ米大統領が米国での雇用創出を求め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]