2017年12月13日(水)

カタール・南アで評価悪化 カントリーリスク調査

2017/9/3 23:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 格付投資情報センター(R&I)は、100カ国・地域を対象としたカントリーリスク調査(7月実施)の結果をまとめた。サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)から断交を通告されたカタール、ズマ大統領による政権運営の不透明感が強まっている南アフリカの下げ幅が大きかった。エルドアン大統領による強権発動が進むトルコも評価を下げた。

 国内の大手銀行や事業会社などへのアンケートを元に、政治や紛争の観点から危険…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報