英爆弾テロ、移民2世ら孤立も 過激思想のスキ生む

2017/6/1 18:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マンチェスター(英中部)=小滝麻理子】22人が犠牲になったマンチェスターでの爆弾テロ事件を巡り、英警察は自爆犯サルマン・アベディ容疑者(22)がテロに至った詳しい経緯の解明を急いでいる。リビア系移民2世だった容疑者周辺を取材すると、閉ざされたコミュニティーの中で過激思想の流入にさらされやすい移民社会の構造が浮かび上がってくる。

マンチェスター中心部から南へ車で約15分。リビア系移民を含め低所得…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]