/

チャド前大統領に終身刑判決 反体制派殺人指示などでセネガル

【ジュバ=共同】セネガルの特別法廷は30日、反体制派への大規模な殺人、拷問を指示したとして、戦争犯罪や人道に対する罪などに問われたチャドのハブレ前大統領(73)に終身刑の判決を言い渡した。ロイター通信などが伝えた。前大統領は上訴できる。

国家元首だった人物が国際刑事裁判所(ICC)でなく他国の法廷で裁かれるのは世界でも異例という。国連のゼイド人権高等弁務官は「残虐行為が絶えない中でこの判決は全世界に影響を与える」と述べ、人権団体は独裁体制を敷く他の国家元首への警鐘になると歓迎した。

前大統領は1982年の就任後、反体制派を弾圧、約4万人を殺害したとされる。90年にデビ現大統領のクーデターで追放され、セネガルに亡命した。アフリカ連合(AU)が訴追を求め、2013年に拘束された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン