「韓国の強硬姿勢に絶望」 アジア女性基金の元理事

2014/8/31付
保存
共有
印刷
その他

旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、元慰安婦に償い金を支給した「アジア女性基金」理事を務めた大沼保昭明治大特任教授は韓国メディアとの会見で、同問題が「極度に政治化している」と指摘し、強硬な姿勢を示す韓国側に「失望し、ひいては絶望している」と苦言を呈した。

日韓記者交流の一環で来日した韓国報道陣に語ったと聯合ニュースが31日報じた。

大沼氏は、朴槿恵大統領がこれまで以上の謝罪要求を続ければ、日本社会で受け入れられる解決策を日本政府が提示するのは難しいとの認識を示した。

また、韓国の支援団体が慰安婦問題を「韓国で根深い反日問題の方向に曲げた」と批判、「元慰安婦の幸せや置かれた状況に関する問題ではなく、支援団体の正義を実現するためのものにすり替わった」と指摘した。

(ソウル=共同)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]