/

この記事は会員限定です

1日に「うるう秒」挿入 市場警戒、システム影響の恐れ

[有料会員限定]

【ウィーン=川合智之】世界の標準時のわずかなずれを修正するため一日の時間を1秒長くする「うるう秒」の挿入が7月1日に行われる。日本の午前9時直前に「午前8時59分60秒」が加わる。前回うるう秒が挿入された2012年にはオーストラリアのカンタス航空で運航が遅れるなどシステム・トラブルが続出しており、市場関係者らは警戒を強める。

コンピューターによる自動制御が進んだ現代社会では、1秒のずれが重大にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン