2019年8月26日(月)

EU・ウクライナ協定が全面発効へ オランダ、批准にメド

2017/5/31 8:44
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】オランダ上院は30日、欧州連合(EU)とウクライナの「連合協定」の批准を承認した。下院は2月に承認済み。同協定をめぐっては、2016年の国民投票で「反対」が多数を占め、EU28カ国中でオランダだけが批准していない状態が続いていた。オランダの批准確定で、近く全面発効する見通しとなった。

連合協定は自由貿易協定(FTA)が柱で、14年に調印したが、オランダ政府が国民投票を受けて批准手続きを中断。協定は部分的な仮発効にとどまっている。

全面発効に向け、16年12月にはEU首脳会議が妥協案を策定。連合協定には「EUが(ウクライナの)防衛義務を負うとの内容は含まれない」ことを確認する付属文書をまとめたことで、オランダ政府が批准手続きを再開していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。