/

この記事は会員限定です

米入国制限、多様性喪失に危機感 アップルなど異議

[有料会員限定]

【ニューヨーク=大塚節雄】難民や「テロ懸念国」の市民の入国を制限するトランプ米大統領の大統領令を巡る混乱が世界に広がっている。移民国家・米国の競争力の根源を揺るがしかねないだけに、トランプ氏の意向をうかがってきた米企業も異議を唱え始めた。与党・共和党からも批判の声が上がり、関係国も反発を強めている。

今回の措置は、米国への入国審査を厳格化するまでシリア難民の受け入れを停止するほか、イランなど7カ国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン