/

この記事は会員限定です

トランプ氏「電話外交」攻勢 対中国、南シナ海・貿易焦点

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領が各国首脳との電話協議で選挙公約の実現に動いている。ロシアのプーチン大統領とは過激派組織「イスラム国」(IS)掃討に向けた協力を掲げ、オバマ前政権からの政策転換を強調。メキシコ国境の壁建設のように厳しい要求を突きつける交渉術も目に付く。南シナ海や貿易摩擦などを巡り対立姿勢を打ち出してきたトランプ氏が中国とどう渡り合うかが次の焦点となる。

28日のプーチン氏と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン