2019年1月24日(木)

中国国防省「重大な違法行為」 米艦、西沙で12カイリ内に

2016/1/30 23:30
保存
共有
印刷
その他

【北京=阿部哲也】中国外務省の華春瑩副報道局長は30日、中国が実効支配している南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島のトリトン島から12カイリ(約22キロ)以内を米イージス駆逐艦が航行したことについて「中国の法律に違反し、中国領海に無断で侵入した」との談話を発表した。法に従って監視などの措置を実施したとし「中国の関連法規を尊重、順守し、地域の平和を保つよう米国に求める」と強調した。

中国国防省の楊宇軍報道官も同日、米軍艦の航行は「重大な違法行為であり、この海域の平和と安全、秩序を破壊した。断固として反対する」と厳しく批判する談話を発表した。今後については「米側のいかなる挑発行為に対しても、中国軍はあらゆる必要な措置をとり、断固として国家の主権と安全を守る」と述べた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報