2019年1月23日(水)

正男氏遺体、北朝鮮に引き渡し マレーシアが合意

2017/3/30 21:50 (2017/3/30 23:59更新)
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=菊池友美】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で両国は30日、遺体を北朝鮮に引き渡すことで合意したとする共同声明を発表した。朝鮮中央通信が報じた。互いの国民を出国禁止にした措置の解除でも合意。マレーシアが北朝鮮に譲歩した形だが、遺体は猛毒VXによる殺害を示す証拠だっただけに捜査に影響を与えそうだ。

ナジブ首相は同日夜に別の声明で「9人のマレーシア人は既に北朝鮮を離れ、31日早朝にクアラルンプールに到着する」と発表。正男氏の遺体は「遺族からの手紙にあった要請に従い、北朝鮮に引き渡す」とした。北朝鮮大使館内に潜んでいたとされ、マレーシア警察が行方を追っていた北朝鮮籍者の参考人らも出国したもようだ。

正男氏は2月13日朝、クアラルンプール国際空港で猛毒VXを使い殺害された。複数の北朝鮮籍者の関与が濃厚だが、北朝鮮は遺体の引き渡しを拒んだマレーシアに反発し、今月7日に在留マレーシア人の出国を禁止した。

25日に始まった両国の実務者協議では、北朝鮮が遺体の引き渡しなどを求めたとみられる。ナジブ首相は30日の声明で「国民の安全が最優先だ」と強調。「人質」の安全を優先して北朝鮮の主張をのんだとみられる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報