/

中国、フィリピン東側海域の調査を申し入れ

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのマナロ外相代行は30日、ルソン島東側の「ベンハム隆起」と呼ばれる海域を調査したいと中国から申し入れがあったと明らかにした。同海域は海洋資源が豊富とされ、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にある。昨年中国の船が無断で探査したと最近公表し「許可を得るべきだ」と反発を強めていた。

マナロ氏は多数の調査要請があったとしたうえで「フィリピン側の専門家を同行させるとの条件を断ったため、大半は拒否した」と述べた。2、3の要請に関しては承認するかどうか検討中だという。一方でフィリピンの主権を認めているとして「中国側の対応に満足している」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン