ミャンマーで新大統領就任式 半世紀ぶりの文民政権発足

2016/3/30 13:01 (2016/3/30 13:10更新)
保存
共有
印刷
その他

【ネピドー=松井基一】ミャンマーの首都ネピドーの国会で30日、ティン・チョー新大統領(69)の就任式が開かれ、国軍支配が長く続いてきた同国で半世紀ぶりの文民政権が発足した。与党の国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏(70)は外相など複数閣僚を兼務する見通しで新政権を事実上統率する。今後は自身の大統領就任を阻む憲法改正など、民主化の一段の進展に取り組む。

宣誓するティン・チョー新ミャンマー大統領(右から2人目)=30日、ネピドー

国会で宣誓したティン・チョー氏は「国家の統合と団結、主権の維持を優先する。憲法規定を順守し、義務を履行し、国の発展に取り組む」と述べた。

ティン・チョー氏は元経済官僚でスー・チー氏の幼なじみ。軍政時代に長く自宅軟禁されたスー・チー氏を秘書として支え、直近はスー・チー氏が運営に関わる慈善団体の幹部を務めていた。

ミャンマーの現行憲法は外国籍の親族のいる人物の大統領資格を認めておらず、2人の息子が英国籍のスー・チー氏は大統領になれない。NLDは新政権発足後もあくまで憲法改正とスー・チー氏の大統領就任を目指す方針だが、国会議席の4分の1を握る軍は改憲に難色を示し、憲法改正の道筋は描けていない。

このためNLDはいったんティン・チョー氏を自身の「代理人」として大統領に立て、時間をかけて国軍と改憲に向けた交渉を進める構えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]