/

この記事は会員限定です

ロッテ創業者の長男「生え抜き役員排除、日本で開発滞る」

[有料会員限定]

ロッテホールディングス(HD)の副会長を1月に解任された重光宏之氏(61)が29日、日本経済新聞社の取材に応じた。宏之氏は創業者の重光武雄氏(92)の長男。父と共に27日、武雄氏を除く全取締役の解任を要求し退けられたが、近く開かれる予定の株主総会では株主として「取締役の入れ替えを提案する」と語った。一問一答は以下の通り。

――1月末までにロッテHDの役職を解かれました。

「私が進めていた投資案件が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2107文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン