/

エジプトで検事総長暗殺 車列狙い爆弾テロ

【カイロ=押野真也】エジプトの首都カイロで29日、バラカート検事総長の車列を狙った爆弾テロ事件が起き、同検事総長が死亡した。車列が走行中に停止中の車が爆発したという。エジプトでは2013年7月3日に軍がクーデターを起こしてイスラム原理主義組織出身のモルシ大統領(当時)を拘束。モルシ元大統領は複数の罪で訴追され、一審で死刑判決が下っている。治安当局は死刑判決に反発するイスラム勢力のテロを警戒していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン