/

この記事は会員限定です

タイ進出企業に打撃 税の算定法、揺れる

[有料会員限定]

【バンコク=京塚環】4500社超の日系企業が進出する「アジアの工場」タイで、法人税の算定方法を巡る政府内の見解の違いが企業経営に打撃を与える事態が広がっている。多くの企業が採用していたタイ投資委員会(BOI)が推奨する方式を最高裁判所が違憲と判断し、50社以上が追加で税金を払う見通しとなった。影響は今後も拡大するとの見方がある。

問題となっているのは、法人税優遇を認める制度を利用する際に、企業が損...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン