/

この記事は会員限定です

袋小路のギリシャ 対IMF返済、困難か

[有料会員限定]

【ブリュッセル=森本学】金融支援の打ち切りが6月30日に迫ったギリシャが瀬戸際に立たされている。欧州連合(EU)など債権団は緊縮策を受け入れない限り、支援延長には応じない構え。ギリシャは30日が期限の国際通貨基金(IMF)への融資返済をできない公算が大きい。ギリシャは今後どうなるのか。

30日はギリシャのIMFへの約15億ユーロの融資返済の期限となっている。オーストリアのノボトニー中銀総裁は29日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン