/

トランプ氏、11月3~14日にアジア歴訪 対北朝鮮で結束確認へ

【ワシントン=川合智之】米ホワイトハウスは29日、トランプ米大統領が11月3~14日に日本と韓国、中国、ベトナム、フィリピンのアジア諸国とハワイ州を訪問すると正式発表した。トランプ氏の訪日は就任後初めて。北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威に直面するアジア諸国との結束を確認するとともに、朝鮮半島を非核化する目標を改めて強調する方針だ。

アジア歴訪にはメラニア夫人も同行する。ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議と、その後のフィリピンでの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議にも参加する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン