/

この記事は会員限定です

米入国制限、内外で反発 英首相「賛成できない」

[有料会員限定]

トランプ米大統領がイスラム教徒が多い中東・アフリカ7カ国の市民の入国を一時的に禁止する大統領令に署名したことに対し、国内外で反発が広がっている。欧州各国は懸念を表明。対象国では米国への報復措置を望む声も上がる。移民の社員を多く抱える米IT(情報技術)業界は対応に追われている。

【ドバイ=久門武史】入国制限の対象とされた国は激しく反発している。ロイター通信によるとイラク国会の外交委員会は29日、政府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り892文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン