FIFA会長選巡り攻防 欧州はヨルダン王子を支持

2015/5/29付
保存
共有
印刷
その他

【ウィーン=原克彦】贈収賄などの罪で副会長らが起訴される事件が起きた国際サッカー連盟(FIFA)は、29日の総会で会長選を行う。アジアやアフリカ、南米が支持する現職ブラッター会長(79)の5選が濃厚だが、欧州サッカー連盟(UEFA)は改革を求めヨルダンのアリ王子(39、副会長)を推す。各国首脳が人選に口を挟む異例の展開を迎え、予断を許さない。

ブラッター会長は28日にチューリヒで開幕したFIFA…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]