2019年2月23日(土)

米、空爆で「イスラム国」幹部を殺害

2015/8/29付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米国防総省は28日、米軍が24日に過激派組織「イスラム国」(IS)が首都とするシリア北部ラッカで実施した空爆で、同組織のジュネイド・フセイン幹部を殺害したと明らかにした。同幹部は英国籍で、「一匹おおかみ」型のテロを実行する要員の確保に関わっていたという。

フセイン幹部は、インターネットを使った同組織の宣伝活動も担当していたとみられている。米軍や政府の関係者約1300人の個人情報を公開し、彼らを襲撃するよう仲間に呼び掛けていた。

米メディアによると、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画展が開かれたテキサス州の会場が襲撃された5月の事件で、容疑者がフセイン幹部に言及していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報