「国際的なテロ対策必要」 チュニジア首相、排外主義に懸念

2017/3/14 0:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

チュニジアのユスフ・シャヘド首相はこのほど日本経済新聞記者と会見し、「テロリズムというグローバルな課題にはグローバルな対応が必要だ」と述べ、テロ対策での国際社会の協調を訴えた。欧米で移民や難民の受け入れを制限する声が強まっていることについては「合法的な移民とテロリストとを明確に区別する必要がある」と指摘。各国の政策が排外主義的な傾向に傾く状況に懸念を示した。

昨年12月、独ベルリンのクリスマスマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]